検索

I LIKE ME

みなさん、この題名の絵本を知っていますか?

和訳で言うと「わたしとなかよし」

この本は、本当に大事なこと何か?を

子どもたちにわかりやすいように、絵本の中で教えてくれています。


いつも一緒にいる自分が好き!

ありのままの自分が好き!

自分を大事にすることの大切さを教えているのです。


小学生になると自己肯定感が下がると言われています。

自分の能力と他者の能力を比較し、「走るのが遅い」「勉強が出来ない」など

自信を無くすことで、劣等感を抱いていく子も多いようです。

自己肯定感が低い子どもは、自分に自信が持てないので、トラブルや困難にであっても

立ち向かうエネルギーが育っていません。

人間関係や勉強でつまずきやすくなってしまいます。


そうならないためにも、周りにいる大人は子どもを認め、褒めていくことが大切なのです。

ですが、子どもも成長し続け大人になっていきます。

いつまでも大人が認め、褒め続けることは出来ません。

いつも一緒にいる自分が好き!

自分のことを自分で認め、褒めることで自分自身が満たされ、周りにいる人たちも

幸せに出来るようになるといいですよね。

I LIKE ME そんな言葉が言える子どもたちが増えますように。



(アドバイザーH)





閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示