検索

「はい」

年末の電車の中、何気なくドア上の映像に目をやると、

「ガラスの仮面」をパロディにしたCMが流れていました。

懐かしいなぁ、と思いしばらく見入ってしまいました。

ご存知の方も多いと思いますが、

このアニメは平凡な少女がライバルとの関わりを通して

芝居の才能を開花させていく長編漫画です。


自分が主人公、北嶋マヤになったつもりで夢中になって読んだものです。

多くの話がありますが、「4つのセリフしか言えない話」は特に好きなものでした。

相手とのどんな会話にも「はい、いいえ、ありがとう、すみません」の4つで

受け応えなければならないという設定のお稽古の話です。

イントネーションや語尾の伸ばし方によってニュアンスが変えられる四語。

アドリブでそのパターンをいくつ言えるかという話でした。


例えば「はい」・・。

私達の日常でも、一日に何度「はい」という言葉を使うのでしょう。

仕事でも、見知らぬ人とのやり取りでも多く話していますね。

リモートワーク中心になってもそれは変わらないと思います。


さて、

自分はその返事をいつも意識的に大切に使っているだろうか・・・。


「はい」、「はーい」「はいっ!」「はい?」「はい~」「はい!」

比べてみると気持ちがよく表れる言葉。

その後に続く言葉の前振りになる大事な2文字。


「はぁ・・い」 「あ、今面倒だと思っているみたいだな」

「はい!」   「嬉しそう!喜んでもらえているみたい」

「はい」    「まっすぐ伝わったようだね」


シンプルで何気なく使う言葉

「はい」についてもう一度見つめ直し、

考えてみるのもいいかもしれないと考えた年末年始でした。



(グリーンデザイナー Kaoru)




3回の閲覧0件のコメント