検索

森のにおい

秋になって、踏む落ち葉の音が心地よい季節になりました。

赤や黄色に染まった落ち葉は、

樹木が自分の力で不要になった葉を落としていったものです。


自然のサイクルとは素晴らしいもので、

落ち葉の下で虫たちは暖かな冬を過ごすことができるし、

葉の無い枝が日差しを通すため、私たちも寒い季節を快適に暮らすことができます。


園庭に溜まった落ち葉で子どもたちと何かできないかと考え、

数年前から腐葉土作りをはじめました。


集めた葉をビニール袋に入れ、少しの土と水、

それに米ぬかを混ぜます。

口をしっかり閉じ、時々袋の上から揉んでいきます。


数カ月後、恐る恐る(?)封を開け、

子どもたちと腐葉土の発酵具合、出来上がりの確認をしました。


「あぁ、いいにおい!」

「森のにおいがするね!」


これまで市販の腐葉土さえも見たことのなかった子どもたち。

「いったいどんな反応をするのだろう」と不安でした。


ところが子どもたちから出てきた表現は、自然を体で感じ取ったようなものでした。


その感性を大人になっても持ち続けていればきっと、

私たちも「自然のサイクルの立派な一員」になれると思うのです。



(グリーンデザイナーKaoru)




22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示